OrgServicesInfo

お客さんに好印象を与えるサイト

ウェブサイトをお店と考え、サイトを見に来てくれたお客さんに好印象を与えるサイトとは、どのようなサイトなのかをこのページではご紹介していきます。

サイトのイメージを上げる為や、利用しやすいレイアウトまで、効果を最大限に生かす為には、考えなければならない課題ともいえます。

また、このデザインレイアウトは、サイト管理者にとっても一番難しい部分だと思うので、しっかり情報収集して対策を考えなければなりません。

ウェブマーケティングの手順としては、最終段階になります。その訳は、まずデーターが無ければ改善点すら見つけられないと言うことです。

サイトを制作する段階から、きっちり作戦をねったとしても、実際の客の動きがイメージと違う。思った以上に離脱率が高い。そんな問題は当たり前のように起こります。

なので制作段階では、それほど拘らずに最低限の予測を立て最低限必要なレイアウトで実装しましょう。

そして実際に走らせてみて動きを見る。データーを収集して、改善改善を続けながら理想のサイトに仕上げて行く。

それが、ユーザーにとって使いやすいサイトでもあり、管理者にとっても良い方法なんです。まず、最低限必要なのは、商品サービスとイメージの合う色使い。そして、システム。

掲載商品が多い場合は、使いやすいカートシステムの設置は必須です。また、スマートフォンユーザーが多いので、スマホ用のページも準備する必要があります。

そんな感じで、必要なものだけを最低限サイト構成してオープンする。そして、実際にサイトを動かしてから改善点を見つけ修正する。それが、売り上げを上げる方法の近道だと思います。

また、こんなウェブマーケティングも効果を上げる為には必要だと思います。その方法とは、サイトに管理者自身の顔を掲載する。

サイトに顔写真が有るか否かでコンバージョン率が上がるのは確かだそうです。初めの段階で掲載するかは、管理者の判断次第ですが、効果が上がるのは確かです。

しかし、ネット上に自身の写真をアップするのは勇気がいりますので、自分はなるべく載せないように売り上げが上がる方法を考えます。

手っ取り早く効果を出したいなら、管理者自身の写真を掲載するといいかもしれません。

反対に駄目なパターンは、蛍光色や警告色などの色をたくさん使ったサイトにしない事です。警戒心を取り除く為にも、なるべくシンプルな色使いをしたサイトに仕上げましょう。

あと、スマホページの無いサイトは、スマホユーザーを逃がす原因になるので、必ず設置して下さい。確かなデーターを収集する為には、PCとスマホの両方のデーターが必要です。

以上の事を踏まえ、デザインレイアウトは重要な要素になります。