OrgServicesInfo

二種類のクリック広告掲載について説明

貴方が管理するサイトの内容を知ってもらうだけの目的であれば、そのサイトの存在を知ってもらう為のウェブマーケティングを行いましょう。

ここでは、お店のメニューをネットを使い紹介する方法や、せっかく見に来たお客さんに注文してもらう方法などをお教えします。

まず自分であれば、商品メニューを見て貰う為にクリック広告を利用します。一般的に知られてるウェブマーケティング手法ですが、掲載するキーワードに対し入札を行い検索エンジンに広告が出る仕組みです。

検索エンジン以外のクリック広告も有りますが、商品メニューを見せる為だけのサイトであれば、両方のクリック広告を利用しても良いと思います。

広告掲載料は、異なりますのでその点はしっかりと把握したうえでご利用下さい。安い方を選ぶなら、PPC広告です。定額で行っている業者さんもいますので、ご自身でご確認の上で利用する事をお勧めします。

それでは、検索エンジンとPPC広告の違いを簡単にですがご説明いたします。

まず、検索エンジンを利用したクリック広告は、検索するユーザーが求める情報を検索窓に入れ検索する。そのキーワードが広告主が設定するキーワードとマッチした場合に、広告として表示されます。

表示される分には、まだ広告費として料金は発生しません。表示された広告をユーザーがクリックした段階で料金が発生します。

検索エンジンを利用したクリック広告の場合、ユーザーの意思とマッチした広告が掲載される為、費用対効果が期待できます。しかし、商品を販売しない場合やただ内容を宣伝する為の目的であれば、PPC広告の方がいいです。

検索エンジンを利用したクリック広告は、PPC広告と比べ値段が割高です。なので、場合によっては費用対効果が合わない事もあります。

なので、ただサービス内容を説明するまたは、自分を売る為の場合は、PPC広告で十分だと思います。

PPC広告の場合は、たくさんのサイトに広告掲載される為にサイトを見て貰う率が上がります。しかし、たくさんのサイトに張られる為に、見込み客ではありません。

イメージとしては、道に広告を出してる看板と同じ考えで、目的にあった人が見れば成果につながるけど、目的に合わない人がほとんどです。

だから値段も比較的に安く、そして定額で広告が出せるんです。会社名を売りたい場合には有効かもしれませんが、販売目的だと意味ない広告と言えます。

どちらをとっても良い悪いがあり、費用対効果も違いがあります。両方の内容をしっかり理解して管理するサイトにあっている広告を選びましょう。