OrgServicesInfo

口コミで自然に広がっていくツール

現在では、インターネットサービスを利用することが当たり前の時代になり、誰もが参加することが出来るソーシャルネットワーキングサービスが有名です。

そのソーシャルネットワーキングサービス、訳してソーシャルメディアでも、使い方によってはウェブマーケティングの1つのツールとして利用することが出来ます。

日本で有名なソーシャルメディアは、ミクシーやツイッターそして、フェイスブックなどがあります。

ソーシャルメディアを使い管理サイトに誘導する方法、またはソーシャルメディア事態に広告を出す方法、2パターン御座いますが、それぞれ効果に違いがあるのでしっかり理解しましょう。

ではまず、ソーシャルメディア事態に広告を出すとどのような効果が見られかを、予想してみましょう。

代表的なソーシャルメディアのフェイスブックに例えてみると、友達がコメントした内容の上か下に広告が掲載されます。

その広告をあなた自身、見ることがありますか?自分の場合、その広告を見るどころかウザイと感じてしまいます。せっかく、友達になった友人の情報を見たりコメントをしたり、楽しいコミュニケーションツールにも関わらず、そんな場所に広告を掲載した所で、効果は生まれないと思います。

掲載する広告の内容にもよると思うけど、成果率を表すコンバージョン率は低いと思ってます。

それよりも、友達がコメントに残す、おすすめ店舗や情報の方が気になり、そこに紹介されたお店や商品について調べる事でしょう。

広告宣伝されるものより、身近な人間が使用した商品の方が信頼性が高く、興味を持つ度合いが違います。なので、ソーシャルメディアに広告を出すよりも、自信が紹介したい物を広告として紹介する方が、効果が出やすいのです。

この方法だと、お金も一切掛かりませんね。ただ、掲載方法が限られてくるので、一回のコメントで伝えたい情報がちゃんと伝わるかはわかりません。

しかし、フェイスブックで友達になっている方は、必ず見てくれることでしょう。紹介するコメントの内容がよければ、その友達が『いいね!』または、『シェア』してくれて、投稿した情報が更に広がります。

その広がりが多ければ多いほど、効果を発揮して結果として広告効果につながるのです。赤の他人が宣伝するよりも、友人や家族が高い評価をした方が、興味があります。

また、内容を読みより興味が湧いてくると思います。ソーシャルメディアを使い広告を出す場合は、そこら辺の心理も考えながらコメントするようにしましょう。